長楽寺

真言宗 長楽寺

■所在地:静岡県浜松市北区細江町気賀7953-1 ■交 通:天竜浜名湖鉄道 気賀駅

長楽寺(ちょうらくじ) 平安時代初期の大同年間(約1200年前)に弘法大師によって開かれたといわれ、この寺の北に陽光を受けて光る巨岩を霊地と見、お堂を建てたことにはじまるのち今川、徳川の信仰を集め、巨岩のふもとに七堂迦藍が建ち並び寺領25ヘクタールをもって繁盛した。
昭和22年の農地解放で寺領を失い一時荒廃、この時収入の道を失った寺が、雑木林を開いて実をとるために植えた梅が毎年春になると白、紅の花ををつけ、辺りに芳香を漂わせる。
ドウダンツツジが植え込まれた庭は遠州三名園になっており、隠元禅師の高弟、独湛禅師の筆である「長楽寺」の扁(へん)額がかけられている山門や土べいは室町時代の作。本尊は馬頭観音。木下氏作の新石庭、松島十湖作の大句碑、徳川15代将軍の御朱印、3月梅林祭り、11月どうだん祭りも見逃せない。

  • 山 門山 門
  • 新石庭新石庭
  • 満天星(どうだん)の庭満天星(どうだん)の庭
  • 本尊馬頭観音本尊馬頭観音